UKAPRA

27歳アラサー女が一心発起してチェコへワーキングホリデー。美容、コスメ、食べ物、趣味など好きなことつぶやきます。

ゆうちょ銀行の振込にTRY!払込取扱票での送金方法。

f:id:ukapra:20190204201509p:plain

こんにちわ。ukaです。

今回ワーキングホリデーの手続きで

犯罪歴証明書のチェコ訳をしてくれた方に

ゆうちょ銀行への振込(送金)をしました。

振込取扱票での振り込みを初体験!

知らない方にもわかるようにお伝えします!

 ゆうちょへの送金方法

ゆうちょ銀行では送金(振込)方法は大きく分けて2種類。

▼ゆうちょ銀行口座をお持ちの方同士でやり取りをすることを

 ➡”振替”と表現します。

▼払込取扱票+現金で相手のゆうちょ銀行口座へ送金する

 ➡”払込み”と表現します。

上記の呼び方は、ゆうちょ独自のものらしい。 

 

私はゆうちょ銀行の口座を持っていますが、

振込先が「”払込取扱票”で送金してください」

指定をしてきたので

今回は払込みでの送金に初挑戦です。 

 

払込取扱票

ゆうちょ銀行の振替口座へ送金するときに使う用紙のことで

「振込取扱票」と言われることが多いです。 

しかし、そもそも「振込取扱票」は存在しません。

正式名称は払込取扱票なのです。 

不正使用されないように

クレジットカードの代わりに使用される

払込取扱票の用紙を用いた振込決済です。

 

払込取扱票の種類

以下の3種類あります。

 

①青色の払込取扱票

 ➡送金する手数料が送金人負担

②赤色の払込取扱票

 ➡送金する手数料が受取人負担

③コンビニ対応の払込取扱票

 ➡バーコード表示がある。

  コンビニ専用払込受領証という部分があり、

  支払い可能なコンビニ店が裏書きされている。

  (電気代、ガス代等をコンビニで支払うときに使われる。)

③の払込取扱票は見かけたことある方が多いと思います!

私の場合は青色の払込取扱表を使用します。

f:id:ukapra:20190131233726j:plain

 

振込手数

窓口でのとATMで料金が異なります。

◆窓口の場合(2019年1月現在)

  払込金額5万円未満 130円

  払込金額5万円以上 340円

◆ATMの場合(2019年1月現在)

  払込金額5万円未満 80円

  払込金額5万円以上 290円

ATMのほうが安いのでATMでの払込にしました。 

 

払込取扱票をATMで使うには

ATMには払込取扱票対応と非対応があることです。

払込取扱票対応のATMは見たらすぐにわかりますよ!

通帳挿入口の上に払込書と記された挿入口があります。

払込取扱票対応のATMがどこにあるかは

↓こちらから探せますよ!

map.japanpost.jp

ATMが使える時間帯 

私が行った”名古屋中央郵便局”だと

平日 0:05~23:55

土曜 0:05~23:55

日曜・休日 0:05~21:00

結構長くまで営業してくれてる!さすが!

郵便局の窓口は土日にはやってませんが

ATMだと時間さえ選べば送金できます。便利ですね。(^^♪

もちろん、場所によって異なるので確認してくださいね。

 

記入すること

払込取扱票を見ると、

記入欄があることが分かります。

なのでまずは送金する相手先の情報をGETしましょう。

①6桁の口座記号と6~7桁の口座番号

”記号””番号”に気をつけてください。

※口座番号が6桁の場合、右詰めに記入!!←ここ注意!!

②金額

払込手数料を“入れない”金額を書きましょう。

”¥”は書かなくてもいいみたいなので書きませんでした。

「料金」の欄は手数料なので記入しません。

③加入者名

送金先相手の名前を書きます。

個人、会社、団体、サークル名などですね。

④通信欄

どんな目的で送金してきたのか記入します。

(例)〇〇の支払い 等。

書くことが特になければ空欄で大丈夫のようです。

私の場合は、

 「書類のチェコ語翻訳代」と記入しました。

⑤ご依頼人

これはご依頼人=私の情報です。

私の郵便番号・住所・名前・電話番号を書きました。

切り取り線がある振替払込請求書兼受領書にも

同じように記入しましょう。

 

ATMで実際に送金してみた

郵便局に行き、払込取扱票に記入が終わったら

払込取扱票対応のATMを使いましょう!

「ご送金」➡「払込書でのご送金」を選択すると

挿入口に払込取扱票を入れるタイミングがきます。

入れたら私の記入した汚い字をATMが

読み取ってくれます。賢い。( ˘ω˘ )

読み取ってくれた内容が合っているか要確認!!

払込金額を入力したら

現金通帳・カード

どちらから送金するか選択できます。

私は払い方を選べないかと思ってたので

事前に現金に引き出してて、また送金することに。二度手間。

その後、電話番号を入力し(私は携帯番号にしました。)

手数料込みの現金が表示されました。(¥7,080)

¥7,080でしたが80円がなく、¥7,100で入れたら

ちゃんと¥20のおつりきました!!

 その後、ご利用明細表を取って送金完了。☆

 

機械に対して苦手意識がある私でも

結構単純な作業だったので、

なんだ~私でも出来んじゃん~♪なかんじ。

もし払込取扱票に今度出会って扱うときは

皆さんATMでの振込にTRYしてみてください!